インフォメーション

株式会社ゼオンから、当社の事業に関するお知らせや、当社の取扱い保険会社からのご連絡事項のお知らせいたします。

2018 | 2017 | 2016

2017.12.4(月)

AIUは、2018年1月1日より,AIG損害保険会社と社名がかわります。
AIUは富士火災と合併に伴いAIG損害保険株式会社となります。

私事ですが、AIUと富士火災の合併で社名が変わるとはいえ、長年親しんだAIUとともに地球のロゴマークが2017年12月31日をもって幕を引くことになり、一抹の寂しさを感じる。
地球のロゴマークも富士山のロゴマークも長年親しんで、そのロゴマークを共に歩んできた各保険会社の社員の方々、また代理店の方々もそんな思いを抱いているかもしれない。
そんな感傷に浸っている間にも、2018年1月1日に向けて時間を惜しんで各保険会社の社員の方々は、新会社AIG損害保険会社の立ち上げにむけて、また代理店対策に奮闘している姿に心が打たれます。

新会社AIG損害保険会社が2018年1月1日より新システムを含め、良き旅立ちができるよう、感傷に浸っている暇はありません。一丸となって2018年元旦を迎えていただきたいものです。
当社(ゼオン)は、この合併を千載一遇のチャンスとして、AIG損害保険会社とお付き合いのできることを願っています。

AIU 富士火災

2017.11.2(木)

平成30年1月1日
AIU損害保険と富士火災海上保険は、合併による経営統合を行い、
「AIG損害保険」として生まれ変わります。

10月に2週間連続して台風21号、22号が日本列島を通過し、甚大な被害をもたらしました。被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

2018年1月1日にAIG損害保険会社が誕生します。
新会社誕生とともに、自動車保険が変わります。

     
  1. 自動車保険料の改訂に伴い、実質的保険料水準が約3.6%の引き下げになります。
  2.  
  3. ロードサービスがより充実します。
    ロードサービスを特約化し、全用途車種に対応します。
  4.  
  5. ASV割引が新設されます。 
    ご契約のお車にAEB装置が装着され、用途車種やご契約のお車の型式の販売年月などの所定の条件を満たした契約については、保険料が9%割引となります。
  6.  
  7. 長期分割払い自動車保険が新設されます。
    ノンフリート契約において、保険期間2年、または3年の分割払い(月払・年払)契約の締結が可能になります。
  8.  
  9. 人身傷害保険の補償の範囲が拡大します。(AAP 家庭用総合自動車保険)
    被保険者の配偶者、同居の親族、別居の未婚の子の自転車などの交通乗用具での事故でも、治療費・休業損害・精神的損害等の補償が受けられます。

詳細については、担当者または(株)ゼオンにお問い合わせ下さい。

ジャガイモとズッキーニ
ジャガイモの花 ズッキーニの花

2017.10.6(金)

2018年1月1日
AIU損害保険会社と富士火災海上保険会社は統合し、AIG損害保険会社が誕生します。

昔々、東京でオリンピックがあった頃、まだ学生だった私は新雪のスキー場で滑りたくて、学校を無断欠席し小さなスキー場に一人で出かけて行った。
案の定、スキー場は膝まで埋まるほどの新雪。勇んでリフトの1日乗車券を購入し、早速滑り始めた。
何本か滑り、ふと私以外のスキーヤーが一人もいないことに気付いた。私がリフトに乗るとリフトが動き、山頂に着くとリフトが止まる。ゲレンデには私一人だけ、他にはリフト操作員が一人。私は新雪のゲレンデを独り占めしている満足感と共に、一抹の寂しさを感じた。
昼過ぎにはようやく多少のスキーヤーも現れて、リフトも連続運転を始め、なんとなくほっとしたのを覚えている。
 
最近、半世紀ぶりにそのゲレンデだった山の前を通ることがあり、そのゲレンデには、、一面に白い蕎麦の花が咲いていました。

蕎麦の花
蕎麦の花 蕎麦の花

2017.9.4(月)

AIU損害保険株式会社は、2018年1月1日、富士火災海上保険株式会社と合併し、新たにAIG損害保険株式会社となります。
なお両社のお客様の既存のご契約については、自動的に新会社に引き継がれます。

賠償保険を考える
AIU STARs(事業総合賠償責任保険)
1) 公共建物の外壁塗装工事期間中に台風が接近していたため、防護シートを足場に寄せてくくりつけ台風が過ぎ去るのを待った。台風通過後、近隣の駐車場に駐車中の車に塗料が付着しているとの申し出があった。塗装作業中に足場に落ちた塗料が生乾きで、その塗料が強風ではがれて飛散したことが判明し、修理代が支払われた。
AIU STARs(事業総合賠償責任保険・シリンダー特約有)
1) 公共の建物の清掃作業で、責任者が管理室よりマスターキーを預かり、清掃作業終了後マスターキーを返却することになっていた。当日、作業終了後マスターキーの返却を怠り帰宅してしまい、マスターキーを紛失、建物内と帰路を探したが発見できなかった。建物所有者より、マスターキーの交換と交換までの入口管理の要請があり、ガードマンを配置し、その費用が支払われた。

ツルボタンとクズの花
クズの花 ツルボタン

2017.8.7(月)

アロマ関連の事故例
【保険対応できたケース】
1) ホホバオイルを使用してトリートメント後、ふくらはぎ、太もも、手首に発疹が現れ、皮膚科で受診したが原因不明。その後もトリートメントしていた。症状が悪化したため二つの病院で受診したところアロマトリートメントが原因と診断、診断書が提出され保険対応となる。
今回、パッチテスト未実施だったが、最初にパッチテストをすることで未然に事故が防げたかもしれない。
 
2) アロマトリートメント実施後、お客様がベッドに寄り掛かったところ、ベッドが移動してしまいお客様が転倒、肋骨を骨折してしまった。
移動式のベッドなのだろうか、せめて滑り止めがなされていたら事故は未然に防げていたかもしれない。
 
【保険対応できなかったケース】
3) ワークショップで練香水を作り、小分けにして知人6人にプレゼントした。
その中の一人が顔と胸がかぶれ病院に行ったとの申し出があった。プレゼントするときに使用方法などは知人を通じて口頭で伝えたが、注意書きなどは渡していない。
プレゼントは私的行為であり、業務にはあたらない為保険対象とはならない。
仮に、商品として販売予定があり、サンプルとして渡していたとしたら業務にあたるため保険対象となりうると考えます。

今年も台風の季節となりました。南の海上で台風発生のニュースが多くなっています。
どうぞ、お気を付け下さい。

信州のネギ坊主と海の公園のヘクソカズラ
信州のネギ坊主 海の公園のヘクソカズラ

2017.7.10(月)

台風3号と梅雨前線のあおりで、北陸・山陰地方が大雨におそわれました。それに続いて、九州地方も、過去に経験のないほどの大雨におそわれ、河川の氾濫や土砂崩れなどで多大な被害がでています。ニュースで見る異常気象による被害の様子には驚くばかりです。
お亡くなりになられた方には、心よりお悔やみ申し上げます。また、被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。
もうすぐ夏休みを迎え、山へ海へと出かける機会も増えます。
皆様には、常に気象の変化には注意し、事故のないよう、また熱中症や日射病にも気を付けて無事に過ごされますように。

ホタルブクロとタケニグサ
ホタルブクロ タケニグサ

2017.6.5(月)

個人情報保護法改正
2005年に制定された「個人情報保護法」が大きく改正され、2017年5月30日より施行されました。
従来の個人情報保護法では、取り扱う個人情報が、5,000人超の事業者を対象としていましたが、施行後は、事業規模や取扱件数にかかわらず、全ての事業者が対象となります。
また、個人情報の定義の明確化が図られ、免許証番号やマイナンバーなどの個人識別番号が単体で漏洩した場合も個人情報漏洩事故になりますので注意が必要です。
個人情報漏洩事故が発生した場合、事故発覚後、対応費用や、慰謝料が高額になる可能性があります。また、得意先や地域での信用の失墜などの影響も心配されます。
AIUの「個人情報漏洩保険」は個人情報漏洩発覚後の危機管理コンサルティングのご案内から、漏洩事故対応費用、賠償金までトータルに補償!

だれもが知っている、それが雑草
だれもが知っている、それが雑草 だれもが知っている、それが雑草

2017.5.2(火)

3月、栃木県の高校生が雪山のラッセル訓練中に雪崩に巻き込まれ、命を落とした事故が発生しました。何ともやるせない思いです。
きちんと事故の件証をすることは必要でしょう。しかし、その結果登山の禁止といった結論にならないことを切に望みます。
過去にも長野県中箕輪高等小学校の木曽駒ヶ岳集団登山における事故(新田次郎の「聖職の碑」という小説の題材にもなりました。)、西穂高岳独標付近での高校生登山パーティーの落雷による遭難事故など、登山中の事故が思い出されます。
自然の美しさの裏に隠された恐ろしさに、我々は細心の注意を払い、常に自然の前では謙虚でありたいものです。
雪崩に巻き込まれ亡くなられた若者のご冥福をお祈りいたします。

横浜山下公園にて
横浜山下公園にて 横浜山下公園にて

2017.4.4(火)

AIU損害保険会社と富士火災海上保険会社は、合併に向け (新社名はAIG損害保険株式会社) 2017年4月より組織統合が始まりました。
それに伴い、AIU損害保険株式会社 横浜支店は、富士火災横浜ビルに移転しました。
新 住 所 横浜市港北区新横浜2-4-19 富士火災横浜ビル8F
電話番号 045-277-3110

自賠責保険料(強制保険)が9年ぶりに引き下げへ
自動車安全技術の向上などにより事故が減少したことが要因で、2017年4月より、自賠責保険料が全車種平均で6.9%の引き下げとなります。

自賠責保険で支払われる保険金(賠償金)の最高限度額は以下の通りです。
 【1事故1名につき】
   死亡 3,000万円
   傷害  120万円
   後遺障害は傷害の程度に応じて 75万円~4,000万円

自賠責保険には、対物賠償はセットされていません。
加害者請求、被害者請求とどちらからでも請求は可能です。一般的には、任意保険会社が代行して支払いを行い、自賠責保険会社に請求を行っています。

AIUの自動車保険は、J・Dパワーが実施している2016年度日本自動車保険契約者満足度調査(代理店系保険会社部門)において、6年連続でNo.1の評価を受け、『ご契約』から『事故対応』、各種手続きやお問い合わせの対応などにおいて最高品質の評価をいただいています。

海の公園のイヌフグリとアケビ
海の公園のイヌフグリ アケビ

2017.3.3(金)

過重労働と労災認定
電通の過労自殺が話題になり電通本体に行政処分がなされました。
過労死でネット検索してみたところ、様々な過労死による労災認定がなされていました。
労災認定基準では、過労死の原因となった「脳、心臓疾患」が労災と認定されるための要件として、次の3つが示されています。(以下(公社)労災保険センターHPより抜粋)

・発症直前から前日までの間において、「異常な出来事」に遭遇したこと
・発症に近接した時期に、「短期間の過重業務」に就労したこと
・発症前に「長期間の過重業務」に就労したこと

補足として、どのくらいの労働時間が過重労働に当たるかの目安を示しています。つまり1か月当たりおおむね45時間を超える時間外労働時間では、業務と発祥の関連性が徐々に強まること、1か月間おおむね100時間または発症前2か月間ないし6ヶ月間にわたって、1か月当たりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発祥との関連性が強いといわれています。
労災認定にはこのほかに「日射病」や「熱中症」、場合によっては「セクハラ」や「パワハラ」等も対象になります。

AIUのハイパー任意労災は労災保険の上乗せとしてこれらをカバーし、さらに使用者賠償や使用主相談費用もセットされています。
付帯サービスには事業主を含め従業員やその家族からの(ハロー健康相談24)がご利用いただけます。
詳細についてはゼオンまでお問い合わせください

台湾梅山公園にて
台湾梅山公園にて 台湾梅山公園にて

2017.2.3(金)

「運転をやめる勇気を持とう」
昨年、高齢者の引き起こした自動車事故が多発しました。病院に見舞いに行き駐車場でブレーキとアクセルを踏み間違えて車が暴走した死亡事故、病院駐車場の精算機で清算中にアクセルを踏んでしまい、車止めを乗り越え壁も突き破り地上に落下してしまった死亡事故等々、70~80歳代の方々の運転で引き起こされた事故が多発しています。
長い間普通の生活をし、普通に生きてこられた方々がこの一つの事故で犯罪者となり、今までの普通の人生が一変してしまいます。
頭の中は30歳代、40歳代でも体は確実に70~80歳代。運動神経、反射神経の衰えとともに視角が相当狭くなっています。
こんな大事故ではありませんが、年配者より当社に入る事故報告で「左右を確認して交差点に入ったが、突然右からぶつけられた」との報告がよくあります。しかし、相手に確認するとブレーキを踏む間もなく進入してきたとの回答で、これなどはまさに視角が狭くなっている見落とし現象でしょう。
「普段外出時の足として車を利用している」ため「安全運転なら大丈夫」と思いがちです。
しかし、とっさの判断力は、頭からの指示が手、足、に伝わるのに高齢者ほど時間がかかります。

75歳以上の高齢ドライバーが運転免許更新時に受ける認知機能検査の結果、2015年に検査を受けた163万人中、認知症や認知機能低下のおそれと判断された人は年齢とともに増加し、84歳を境に50%を超えています。
また、免許更新時の検査で「認知症のおそれ」は54,000人、「認知機能低下のおそれ」は約50万人となっています。約34%の人が認知機能の低下という結果が発表になっています(2016年1月 警視庁発表)。

ちょっと気休め、鎌倉天園の蝋梅と鎌倉八幡宮のボタン
鎌倉天園の蝋梅 鎌倉八幡宮のボタン

2017.1.4(水)

あけましておめでとうございます。
今年は酉年です。皆様にとっておだやかな1年になりますように。

暮れもおしせまった12月22日には、糸魚川市にて飲食店の空焚きが原因で火災が発生しました。折しもフェーン現象による強い南風にあおられ、飛び火などで約150戸が焼失してしまいました。死亡された方はいらっしゃらないようですが、家屋や建物を失われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
昨年は、日本のあちらこちらで地震や火災の被害が多く、保険をご案内している代理店の立場としてどれだけお役にたてているだろうかと心配になります。被害に遭われた皆様には、速やかに火災保険の保険金請求をされ、一日も早く再建されますようお祈り申し上げます。

日本各地で2016年1月から2016年12月15日現在の地震発生件数は、5,906回です。そのうち震度5以上の地震は以下の通りです。

2016年  1月11日 15:26
       1月14日 12:25
       4月14日 21:26
       4月16日 01:25
       4月16日 03:03
       4月16日 07:11
       4月18日 20:41
       4月19日 17:52
       4月29日 15:09
       5月16日 21:23
       6月12日 22:08
       6月16日 14:21
       7月27日 23:47
       8月31日 19:46
       9月26日 14:19
      10月21日 14:07
      11月22日 05:59
 青森県三八上北
 北海道浦河沖
 熊本県熊本
 熊本県熊本
 熊本県阿蘇
 大分県中部
 熊本県阿蘇
 熊本県熊本
 大分県中部
 茨城県南部
 熊本県熊本
 北海道内浦湾
 茨城県北部
 熊本県熊本
 沖縄本島近海
 鳥取県中部
 福島県沖
 M 4.6
 M 6.7
 M 6.5
 M 7.3
 M 5.9
 M 5.4
 M 5.8
 M 5.5
 M 4.5
 M 5.5
 M 4.3
 M 5.3
 M 5.4
 M 5.2
 M 5.6
 M 6.6
 M 7.4

全国地震振動予測《2016年度版》によりますと、今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率は、「千葉市が85%」「横浜が81%」と発表されています。火災保険に連動した地震保険もお問い合わせください。
我々損害保険代理店は、常にお客様の立場になり、確かな説明のもと契約するよう心がけたいものです。

八景島のタンポポと海の公園の水仙
八景島のタンポポ 公園の水仙

損害保険・生命保険募集代理店 株式会社ゼオン
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-16 トリウミビル3階 TEL 045-323-3388 FAX 045-322-5193